FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ClosedXML】 列の操作

 列の操作は行の操作と同じような感じで行えます。
// 1列取得
var column1 = sheet.Column(1);    // A列を取得
var column2 = sheet.Column("B");

// 複数列取得(A~C列を取得)
var columns1 = sheet.Columns(1, 3);
var columns2 = sheet.Columns("A", "C");
var columns3 = sheet.Columns("A:C");

// 不連続な列を取得
var columns4 = sheet.Columns("A:C, E:H, 10:12");
 1列のみ取得する場合はColumnメソッドを使用します。
 引数に取得したい列の番号か列名("A"とか"B"とか)を指定します。
 複数列を取得したい場合はColumnsメソッドを使用します。
 こちらもColumnメソッドと同様に列番号か列名で取得したい列範囲を指定します。
 ColumnメソッドではRowsメソッドと同様に不連続な列を取得することもできます。

 次に、列の削除について説明します。
sheet.Cell("A1").Value = 1;
sheet.Cell("B1").Value = 2;
sheet.Cell("C1").Value = 3;
sheet.Cell("D1").Value = 4;

sheet.Column("C").Delete();
 列の削除を行う為には、削除した列に対してDeleteメソッドを呼ぶだけです。
 このコードを実行すると以下の様になります。
列の削除

 最後に、列の挿入について説明します。
// 指定列の前に挿入
var addColumn1 = sheet.Column("C").InsertColumnsBefore(1);
addColumn1.Style.Fill.BackgroundColor = XLColor.Red;

// 指定列の後ろに挿入
var addColumn2 = sheet.Column("C").InsertColumnsAfter(1);
addColumn2.Style.Fill.BackgroundColor = XLColor.Red;
 指定した列の前に挿入したい場合はInsertColumnsBeforeメソッドを使用します。
 指定した列の後ろに挿入したい場合はInsertColumnsAfterメソッドを使用します。
 どちらのメソッドも引数には挿入する列数を指定します。

 列の削除や挿入を行ったときは、行の削除・挿入時と同じくセル参照の変更が行われますので注意してください。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
タグリスト

月別アーカイブ
11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。