FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ClosedXML】 Style.NumberFormat

 今回は、セルの表示形式を設定する方法を説明します。
 セルの表示形式の設定はStyle.NumberFormatで行います。
 似たようなものにStyle.DateFormatというのがありますが、NumberFormatで日時の書式設定も行えるのでNumberFormatを使用します。
using ClosedXML.Excel;
using System;
using System.IO;

namespace ClosedXml09
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            var filePath = Path.Combine(Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.Desktop), "Book.xlsx");

            using(var book = new XLWorkbook((XLEventTracking.Disabled)))
            {
                var sheet = book.AddWorksheet("シート1");

                // 0で桁数合わせ
                sheet.Cell("A1").SetValue(12)
                    .Style.NumberFormat.SetFormat("0000");

                // 小数点第2位まで表示
                sheet.Cell("A2").SetValue(12.123456)
                    .Style.NumberFormat.SetFormat("0.00");

                // カンマ区切り
                sheet.Cell("A3").SetValue(123456.78)
                    .Style.NumberFormat.SetFormat("#,##0");

                // 日時
                sheet.Cell("A4").SetValue(DateTime.Now)
                    .Style.NumberFormat.SetFormat("yyyy/mm/dd hh:mm:ss");

                book.SaveAs(filePath);
            }
        }
    }
}
 Style.NumberFormatにはFormatプロパティとNumberFormatIdプロパティの2つのプロパティがあります。
 NumberFormatIDプロパティはIDからだとどんな書式が指定されているのかがわからないので、Formatプロパティを使うことを推奨します。
 Formatプロパティを使用した場合は、「表示形式」の「ユーザー定義」に書式を設定したことになります。
 そのためNumberFormatとなっていますが日時等の書式も指定可能です。
 このサンプルコードを実行すると以下の様になります。
表示形式
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
タグリスト

月別アーカイブ
11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。