FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ClosedXML】 Style.Font

 今回はFontの設定について説明します。
 Fontの設定はStyle.Fontで行えます。
 使用するフォントや文字色等の変更、下線、文字飾りの設定が可能です。
using ClosedXML.Excel;
using System;
using System.IO;

namespace ClosedXml08
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            var filePath = Path.Combine(Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.Desktop), "book.xlsx");

            using(var book = new XLWorkbook(XLEventTracking.Disabled))
            {
                var sheet = book.AddWorksheet("シート1");

                sheet.Cell("A1").SetValue("MS Pゴシック")
                    .Style.Font.SetFontName("MS Pゴシック") // 全角、半角の違いに注意
                    .Font.SetFontColor(XLColor.Red)
                    .Font.SetFontSize(20);

                sheet.Cell("A2").SetValue("Bold")
                    .Style.Font.SetBold(true);

                sheet.Cell("A3").SetValue("Italic")
                    .Style.Font.SetItalic(true);

                sheet.Cell("A4").SetValue("取り消し線")
                    .Style.Font.SetStrikethrough(true);

                // 下線
                sheet.Cell("A6").SetValue("下線:Double")
                    .Style.Font.SetUnderline(XLFontUnderlineValues.Double);

                sheet.Cell("A7").SetValue("下線:DoubleAccounting")
                    .Style.Font.SetUnderline(XLFontUnderlineValues.DoubleAccounting);

                sheet.Cell("A8").SetValue("下線:None")
                    .Style.Font.SetUnderline(XLFontUnderlineValues.None);

                sheet.Cell("A9").SetValue("下線:Single")
                    .Style.Font.SetUnderline(XLFontUnderlineValues.Single);

                sheet.Cell("A10").SetValue("下線:SingleAccounting")
                    .Style.Font.SetUnderline(XLFontUnderlineValues.SingleAccounting);
                
                // 文字飾り
                sheet.Cell("A12").SetValue("文字飾り:Baseline")
                    .Style.Font.SetVerticalAlignment(XLFontVerticalTextAlignmentValues.Baseline);

                sheet.Cell("A13").SetValue("文字飾り:Subscript")
                    .Style.Font.SetVerticalAlignment(XLFontVerticalTextAlignmentValues.Subscript);

                sheet.Cell("A14").SetValue("文字飾り:Superscript")
                    .Style.Font.SetVerticalAlignment(XLFontVerticalTextAlignmentValues.Superscript);

                book.SaveAs(filePath);
            }
        }
    }
}
 このコードを実行すると以下の様になります。
Font設定
 使用するフォントを変更したい場合はFontNameに使用したいフォント名を指定します。
 フォント名の全角、半角の違いに注意してください。たとえば、MS Pゴシックは全角で入力しないと無視されます。(一致するフォント名が存在していないので)
 存在しないフォント名を指定してもエラーにはなりません。
 Excelのフォント名欄には指定したフォント名が表示されますが、表示されているフォントは規定のフォント(Calibri)が使用されています。
 文字の色を変更する場合はFontColor、文字サイズの変更はFontSizeで可能です。
 BoldやItalic、Strikethrough(取り消し線)はbool値でOn/Offを指定します。

 文字に下線を引きたい場合はUnderlineプロパティに下線の種類を指定します。
 下線名にAccountingとついている場合はセルの幅に合わせて下線が引かれます。

 Font.VerticalAlignmentプロパティはプロパティ名からは解りにくいですが、「文字飾り」の設定です。
 Baselineの時は文字飾りなしです。(規定値)
 Subscriptの場合は「下付き」、Superscriptの場合は「上付き」になります。

 次回は表示形式の設定につて説明します。  
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
タグリスト

月別アーカイブ
11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。