FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ClosedXML】 ワークシートの作成、取得

 ClosedXMLでExcelファイルの操作を行う場合は、Bookを作成(又は読み込み)した後に、ワークシートを作成したり、目的のワークシートを取得する必要があります。
 まずはワークシートの作成方法について説明します。
using ClosedXML.Excel;
using System;

namespace ClosedXml03
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            using(var book = new XLWorkbook(XLEventTracking.Disabled))
            {
                // ワークシートを作成
                var sheet1 = book.AddWorksheet("シート1");
                var sheet2 = book.Worksheets.Add("シート2");   // こっちでもOK
                var sheet0 = book.AddWorksheet("シート0", 1);  // シート0を最初のシートとして作成
                
                // 既に存在するシート名を追加すると例外発生
                //var sheet3 = book.Worksheets.Add("シート2");
            }
        }
    }
}
 ワークシートの作成方法は2種類あり、どちらを使ってもかまいません。
 1つはXLWorkbookインスタンスのAddWorksheetメソッドを使用する方法です。
 もう1つはXLWorkbookインスタンスのWorksheetsプロパティのAddメソッドを使用する方法です。
 どちらのメソッドも引数にワークシートの名前を指定し、戻り値に作成したワークシートのインスタンスを返します。
 既存ワークシートと同名のワークシートを作ろうとすると例外が発生しますので、注意してください。
 これらのワークシート作成メソッドにシート名だけを指定した場合は、新規ワークシートはWorksheetsの最後に追加されます。
 ワークシート作成メソッドの第2引数に新規ワークシートの位置を指定することで、新規ワークシートを任意の位置に作成することができます。

 次に、ワークシートを取得する方法について説明します。
using ClosedXML.Excel;
using System;

namespace ClosedXml03
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            using(var book = new XLWorkbook(XLEventTracking.Disabled))
            {
                 // ワークシートを取得する
                var sheet1 = book.Worksheet(1);  // positionは1から開始
                Console.WriteLine(sheet1.Name);  // シート1

                var sheet2 = book.Worksheet("シート2");
                Console.WriteLine(sheet2.Name);  // シート2

                IXLWorksheet sheet3;
                if(book.TryGetWorksheet("シート3", out sheet3))
                {
                    Console.WriteLine(sheet3.Name);
                }
                else
                {
                    Console.WriteLine("ワークシートを取得できませんでした。");
                }
            }
        }
    }
}
 ワークシートを取得する場合はXLWorkbookインスタンスのWorksheetメソッドを使用します。
 Worksheetメソッドの引数には、ワークシート番号(1から開始)かワークシート名を指定します。
 Worksheetメソッドに存在しないシート番号やシート名を指定すると例外が発生します。
 例外処理が面倒な場合はTryGetWorksheetメソッドを使用する方法もあります。
 TryGetWorksheetメソッドでは戻り値でワークシートの取得が成功したかどうかを判断できます。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
タグリスト

月別アーカイブ
11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。