スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Material Design Toolkit】 TreeView

 Material Design ToolkitのTreeViewはMaterialDesignTreeView1つだけです。
 規定のスタイルにMaterialDesignTreeViewが指定されているため、スタイルを指定する必要もありません。
<TreeView>
    <TreeViewItem Header="Item1"/>
    <TreeViewItem Header="Item2">
        <TreeViewItem Header="Item3"/>
    </TreeViewItem>
    <TreeViewItem Header="Item4" IsExpanded="True">
        <TreeViewItem Header="Item5"/>
        <TreeViewItem Header="Item6"/>
        <TreeViewItem Header="Item7"/>
    </TreeViewItem>
</TreeView>
 以下の様なシンプルなツリーが表示されます。
MaterialDesignTreeView.png
 
スポンサーサイト

【Material Design Toolkit】 ListBox

 Material Design Toolkitには4種類のListBoxスタイルがあります。
<UniformGrid Rows="2">
    <GroupBox Header="MaterialDesignListBox" Margin="5">
        <ListBox Style="{StaticResource MaterialDesignListBox}">
            <ListBoxItem>Item1</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item2</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item3</ListBoxItem>
        </ListBox>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="MaterialDesignCardsListBox" Margin="5">
        <ListBox Style="{StaticResource MaterialDesignCardsListBox}">
            <ListBoxItem>Item1</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item2</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item3</ListBoxItem>
        </ListBox>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="MaterialDesignToolToggleListBox" Margin="5">
        <ListBox Style="{StaticResource MaterialDesignToolToggleListBox}">
            <ListBoxItem>Item1</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item2</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item3</ListBoxItem>
        </ListBox>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="MaterialDesignToolToggleFlatListBox" Margin="5">
        <ListBox Style="{StaticResource MaterialDesignToolToggleFlatListBox}">
            <ListBoxItem>Item1</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item2</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>Item3</ListBoxItem>
        </ListBox>
    </GroupBox>
</UniformGrid>
MaterialDesignListBox.png
 MaterialDesignListBoxがデフォルトスタイルです。Styleを指定しない場合はこのスタイルが適応されます。
 Material Design ToolkitのListBoxはWPFのリストボックスと違って枠線がなく、フラットなイメージになります。
 (BorderBrushとBorderThicknessを変更すれば枠線を付けることは可能です)
 項目をクリックするとアニメーションが実行され、選択した項目の背景色が変わります。

 MaterialDesignCardsListBoxはListBoxItemがカードになっています。(ListBox自体はMaterialDesignListBoxと同じです)
 他のListBoxと違って項目をクリックしてもアニメーションは実行されませんし、選択もできません。
 表示専用ListBoxになります。

 MaterialDesignToolToggleListBoxとMaterialDesignToolToggleFlatListBoxは項目が横並びに表示されます。
 少数の項目から1つを選択する時等に使用します。(Excelの左揃え、中央揃え、右揃えの選択ボタンみたいなものです)

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

【Material Design Toolkit】 Expander

 Material Design ToolkitのExpanderのスタイルはMaterialDesignExpanderという名前のスタイルが1つあるだけです。
 デフォルトスタイルにMaterialDesignExpanderが指定されているためStyleを指定しなくても使用できます。
<StackPanel>
    <Expander Header="Up" ExpandDirection="Up">
        <StackPanel>
            <TextBlock Text="ExpandDirection:Up1"/>
            <TextBlock Text="ExpandDirection:Up2"/>
            <TextBlock Text="ExpandDirection:Up3"/>
        </StackPanel>
    </Expander>

    <StackPanel Orientation="Horizontal">
        <Expander ExpandDirection="Left">
            <Expander.Header>
                <TextBlock Text="Left" RenderTransformOrigin="0.5, 0.5">
                    <TextBlock.LayoutTransform>
                        <RotateTransform Angle="90" />
                    </TextBlock.LayoutTransform>
                </TextBlock>
            </Expander.Header>
            <StackPanel>
                <TextBlock Text="ExpandDirection:Left1"/>
                <TextBlock Text="ExpandDirection:Left2"/>
                <TextBlock Text="ExpandDirection:Left3"/>
            </StackPanel>
        </Expander>

        <Expander ExpandDirection="Right">
            <Expander.Header>
                <TextBlock Text="Right" RenderTransformOrigin="0.5, 0.5">
                    <TextBlock.LayoutTransform>
                        <RotateTransform Angle="90" />
                    </TextBlock.LayoutTransform>
                </TextBlock>
            </Expander.Header>
            <StackPanel>
                <TextBlock Text="ExpandDirection:Right1"/>
                <TextBlock Text="ExpandDirection:Right2"/>
                <TextBlock Text="ExpandDirection:Right3"/>
            </StackPanel>
        </Expander>

    </StackPanel>

    <Expander Header="Down">
        <StackPanel>
            <TextBlock Text="ExpandDirection:Down1"/>
            <TextBlock Text="ExpandDirection:Down2"/>
            <TextBlock Text="ExpandDirection:Down3"/>
        </StackPanel>
    </Expander>
</StackPanel>
MaterialDesignExpander.png
 画像左側がExpanderを閉じている場合で右側が開いている場合です。
 

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

【Material Design Toolkit】 GroupBox

 Material Design ToolkitのGroupBoxスタイルは2種類あります。
 Material Design ToolkitのGroupBoxはWPF標準のGroupBoxに比べるとヘッダー部分が強調された見た目になっています。
<StackPanel>
    <GroupBox Header="デフォルト" Style="{StaticResource MaterialDesignGroupBox}" Margin="5">
        <TextBlock Text="MaterialDesignGroupBox"/>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="ColorZoneAssist.Mode Accent" Style="{StaticResource MaterialDesignGroupBox}" Margin="5"
                materialDesign:ColorZoneAssist.Mode="Accent">
        <TextBlock Text="MaterialDesignGroupBox"/>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="ColorZoneAssist.Mode Dark" Style="{StaticResource MaterialDesignGroupBox}" Margin="5"
                materialDesign:ColorZoneAssist.Mode="Dark">
        <TextBlock Text="MaterialDesignGroupBox"/>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="ShadowDepth5" Style="{StaticResource MaterialDesignGroupBox}" Margin="5"
                materialDesign:ShadowAssist.ShadowDepth="Depth5">
        <TextBlock Text="MaterialDesignGroupBox"/>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="BorderThickness 0" Style="{StaticResource MaterialDesignGroupBox}" Margin="5"
                BorderThickness="0">
        <TextBlock Text="MaterialDesignGroupBox"/>
    </GroupBox>

    <GroupBox Header="カード" Style="{StaticResource MaterialDesignCardGroupBox}" Margin="5">
        <TextBlock Text="MaterialDesignCardGroupBox"/>
    </GroupBox>
</StackPanel>
MaterialDesignGroupBox.png
 MaterialDesignGroupBoxがMaterial Design Toolkitのデフォルトスタイルになっています。
 スタイルを省略した場合はMaterialDesignGroupBoxが使用されます。
 見ての通りヘッダー部分が強調された見た目になります。

 ColorZoneAssistを使用することでヘッダーと枠線の色を変更できます。
 ColorZoneAssistを使用してもコンテンツの部分は変わりません。

 ShadowAssistを使用することでヘッダーに影を付けることができます。
 影が付くのはヘッダー部分だけで、GroupBox全体に影が付くわけではありません。

 BorderThicknessでGroupBoxの枠線の太さを変更できます。
 サンプルコードではBorderThicknessを0にして枠線を消しています。

 MaterialDesignCardGroupBoxはカードタイプのGroupBoxで、カードと同じく紙の上に配置したように浮き上がって見えます。
 Lightテーマだと解りにくいですがMaterialDesignCardGroupBoxのコンテンツの背景色はMaterialDesignGroupBoxの背景色と違う色が設定されています。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
タグリスト

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。